一時期キャッシングにハマり

物心ついたころから、「お金は人に貸すな、借りるな」と親からきつく言い聞かせられてきたせいもあり、人に借金をすることに罪悪感を覚えてしまう。

だから、気軽にお金を誰かに借りる人の心理がほんとうに理解できない。また、ついお金を貸してしまったり、異性に貢ぐような人に対しても同様だ。

おかげで人間関係において金銭トラブルは無縁だったけれど、一時期キャッシングにハマりしんどかった経験がある。

お金を借りることを誰にも相談できずにいた時に、電話で申し込むことができ、簡単な審査だけで口座にお金が振り込まれるシステムは便利だったし、ありがたいものだった。

でもキャッシングの怖いところは、毎月決まった額を返済しているのに、なかなか完済できずにいるうちに、
再び少額でも借入をしてしまうと、利息の計算も複雑になり、借金残高が減ることはなくなり、そのうちわけが分からなくなってしまうのだ。

法律事務所に相談をして、借金問題はクリアにできたけれど、お金の問題を人にできない人ほど、終わらない借金に苦しむケースも多いと思う。
消費者金融は利用しやすいだけに、その内容をしっかり理解しておきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です