お金を借りる人は金銭感覚が乏しい場合が多い

お金をついつい借りてしまう人というのは、どこか金銭感覚がズレている人ではないか?と思っています。

日常生活でお金を借りようとしている人を見かけると、お金の価値というものを本当に理解しているのか疑問です。
お金を借りる人にとっては「ちょっとくらい貸してくれてもいい」と思っているのかもしれませんが、
貸すほうからすれば「返ってくるのかもわからないお金を貸すリスク」というものがあり、
本来なら1円たりとも貸したくはないと思います。

 私も、何度かお金を貸したことがありますが、金額の多寡はともかく、お金の返ってくる人と返ってこない人がいました。

お金をきちんと返す人というのは、なるべく早く返そうという意志が見受けられます。

その逆にあまり返す気のない人というのは、お金を借りたことを忘れているフリをしたりしますので、
そういう人は元々お金を返す気などない金銭感覚のズレている人なのです。

 ですので、お金を貸す側は、借りる側の金銭感覚をよく考えて貸す必要があると私は思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です